ゲイ向けの風俗とはどのようなものなのか

男が女の身体を楽しむだけじゃない!ゲイ向けの風俗も存在していた!

見つめ合うゲイカップル

現在、風俗店にはいろいろな種類が登場しているのですが、その中の一つとしてゲイ向けのお店が注目されています。ノーマルな男性のための風俗店はもちろんあるのですが、それだけではなくてゲイのためのお店もあるのです。果たしてどのようなお店であり、どんなサービスを提供しているのか紹介しましょう。ゲイ向けの風俗店というのは男性同性愛者のための風俗店のことです。一般的な風俗店は女性が男性に性的なサービスを提供するのですが、ゲイ向けの風俗店の場合は男性が男性にサービスを提供するのが特徴となっています。実際にサービスをする男性のことは売り専ボーイやボーイ、あるいはホストと呼ばれています。売り専ボーイというのは、かつてはノンケの男性が働いていることが多かったからです。しかし、今ではノンケではない男性も働くようになっているため、普通にボーイと呼ばれることが増えています。基本的には東京や大阪をはじめとして全国各地にあるゲイタウンにお店が営業しているのが特徴となっています。

■どんなジャンルがあるのか

それではゲイ向けの風俗店にはどのようなジャンルが存在しているのでしょうか。基本的なサービスとしては口によるサービスや手によるサービス、あるいはアナルセックスなどがあります。お店やボーイによって対応できるサービスとできないサービスが存在しています。かつては売り専バーのような業態として営業しており、店内にいるボーイを連れ出して遊ぶという形式がほとんどでした。そのあとボーイズマッサージと呼ばれるジャンルが登場して、さらに出張専門店もできました。今では出張専門店やマンション形式の店舗が増えています。マッサージ系のお店が多いのですが、実際にはマッサージだけではなくて性的なサービスも受けることになるのです。

■探し方

それでは実際にこのようなお店をどうやって探せば良いのか気になる方は多いでしょう。かつてはインターネットがなかったために人づてで聞いたり、偶然街中で見つけるというケースがありました。ゲイタウンの中でそういうお店があることを聞いて、自然とそこに人が集まっていったのです。今ではインターネットが発達しているため、それぞれのお店は積極的にネット上で宣伝するようになっています。これからもゲイ向けの風俗店の需要がなくなることはなく、多くの利用者を集めることができるでしょう。それだけニーズのあるアダルトサービスとなっており、必要とされているのです。